早期発見を目指す【大腸がんの症状を見逃さない!】

医者

予防対策は便秘改善と検診

看護師

日本人に増えているがん

大腸がんは日本人がなるがんの中で、急激に増えている深刻な病気です。これは男女ともに共通したことで、特に女性がなるがんの中ではその1位を占めています。昔と比べて増えてきた原因には、欧米化の食生活が関係していると言われます。肉食系の食材を多く取ることで便秘がちになってしまうことから、腸内環境が悪化してしまいます。この状態が大腸がんを引き起こすと言われ、便秘を軽く考えていたら大きな問題になってしまうのです。大腸がんを防いでいくには、日頃から健康的な食事に気を付け、便秘にならない対策が必要です。女性は便秘になりやすい体質や、便を我慢してしまうところもあるので大腸がんには特に注意です。健康的な排便を意識していくことが、大きな病気を防いでいけます。

検診で大きな事態を防ぐ

大腸がんは初期の頃に発見されると、処置もスムーズにできるので完治も早いです。初期の頃は、内視鏡で腫瘍が切除できるので、大きな負担を感じることも少なくて済みます。腫瘍が大きくなったり転移してしまうと、開腹手術が行われます。内視鏡と比べて肉体的には少々負担にはなりますが、腫瘍が切除できる見込みで行われるので期待も持てます。ただし、進行してしまった大腸がんは手術をしてもその見込みがない状態もあるので、早めに発見されることがポイントとなります。このためには、定期的に検診を受けるようにすれば大きな事態も免れるでしょう。この検診の受診率によって大腸がんの発見も大きく左右されるので、見逃すことはできません。また、大腸がんには症状があるので、血便やお腹の違和感を感じるようならば、内視鏡で調べてもらうのがお勧めです。

気づきにくい女性のがん

相談

卵巣がんはその発症率は少なめですが、悪性だと分かると他の臓器に転移してしまう可能性も十分あります。遺伝性の関係が強く、出産経験のない人はそのリスクが高くなってしまいます。初期症状もほとんどないので気づきにくい病気ですが、特に下腹部の状態に注意していくことが必要です。

Read More...

胆管にできるがん

病院

胆管がんは、肝臓や胆嚢に転移しやすく、進行することで生存できる可能性が著しく下がっていきます。早期発見ができれば生存率は高くなるので、自覚症状が出る前に検査を受ける必要があります。胆管がんは、超音波検査で発見されることがあります。胆石のある人の場合、特にしっかりと検査しておくことが大事です。

Read More...

進行が早いがんの治療方法

女性

胆のうがんは進行が早いので、早期発見することが大切です。初期症状では黄疸がでますので、白目の部分が黄色くなったり、尿が濃い褐色になった時にはすぐに医師の診察を受けることです。治療法としては外科手術、化学療法、放射線治療です。予防としては脂っこい食生活を野菜中心に変えることです。

Read More...